• HOME
  • イベント/活動
  • フォーラム
  • ITCN文化賞
  • 研究活動

世界劇場会議国際フォーラム Final in さいたま

 
 
世界劇場会議国際フォーラム Final in さいたま
主催:(公財)さいたま市文化振興財団
共催:さいたま市、NPO法人世界劇場会議名古屋
企画・協力:(公財)可児市文化芸術振興財団

【テーマ】 劇場は社会に何ができるか、社会は劇場に何を求めているのか~文化芸術による社会的処方箋活動の実践と評価~

 劇場が「社会問題」としてその公共性が期待される時代に変わりつつあります。貧困、格差、差別、つながりの欠如等に起因する「生きづらさ」や「生きにくさ」からの解放を使命とする、「文化芸術の社会包摂機能」を根底に据えた事業の重要性が求められています。今回のフォーラムでは、国内外からさまざまな社会活動や先進的な劇場運営・文化政策を行っているゲストを招き、我が国の劇場が目指すべきことをパネルディスカッションで討論します。  

開催日時:2023年1月31日(火)~2月1日(水)
開催時間:1月31日(火)13時~19時
     2月 1日(水)10時~16時30分
会場:さいたま市文化センター多目的ホール(埼玉県さいたま市南区根岸1-7-1)
参加費:3,000円
《参加パネラー》
衛 紀生 (可児市文化創造センター シニアドバイザー兼まち元気そうだん室長)
セーラ・ジー (スピタルフィールズ・ミュージック代表理事)
ゾイ・アームフィールド (ロイヤルリヴァプール・フィルハーモニー ラーニング主任)
福島明夫 (青年劇場 劇団製作責任者)
伊達達矢 (東京藝術大学社会連携センター特任教授)
森 合音 (四国こどもとおとなの医療センターアートディレクター NPOアーツプロジェクト理事長)
源由理子 (明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授)

詳しくは
https://saitama-culture.jp/sekaigekijokaigifinal/
  • 閲覧 (377)